1月某日
私のこんなメンヘラブログがちゃんと読まれている。
昨年末にYahoo!トップになったからか(苦笑)

だから興味本位で覗く人が多いのか、「大切なご報告」という公式文章を読みにくる人が多いのか、意地悪な気持ちで来る人が多いのかと思いきや、私の日記もちゃんと読まれている。

また近しい人が私のブログ読んでくれているんだなと感じられると、やはり嬉しい気持ちがする。

人は、人に、ないがしろにされると傷つく。

忙しい人が私のために時間を割いてくれているのだと感じられると救われる心持ちがする。

頼んでもいないのに(失礼)私などのブログをわざわざ検索して、読んでくれている人がいるようだ。

それだけで大変ありがたいことです。


都内でフローズン・ダイキリをなめることに。飲めることではなく、舐めることに。ふるえる。(シャーベットの類は冷たくて嫌いなのですが、そういう意味での震えではない。)

あの歌『フローズン・ダイキリ』の女性は、綺麗な夜空を見たあと、無事に自宅に帰るのだろうか?
翌朝、いつも通りの日常を送るのだろうか?
そしてそれは幸せだろうか?

フローズン・ダイキリはおろか、ヘミングウェイを知らない人もいるらしく、「ただの明るい歌じゃないのですよ」と、ひとりひとりに解いて回りたい。

そのくらい、深くて暗くて、大切な歌だ。

ヘミングウェイって、累計何万部か知らないけど、100万部売っても200万部売っても、幸せにはなれないのだろうか。
(新潮文庫の『老人と海』だけで482万3千部だって!!!)なれないんでしょうね…。


自由で後悔のない人生って、どんなだったんだろう…。

まあとにかく、フローズン・ダイキリ、舐めてみよう。



あ、ごはん、食べています。各方面に多大なご心配をおかけしました。

一時期は、すわ桃エさんか? というくらい、食事が摂れなくなっていたのですが、桃エさんはいつも私に封書でご連絡くださるのですね。私はiPhone依存症なので、ご連絡するのにハードルがあり、また私はNABAさんでも講演をさせていただいていることもあり、もちろん「完全に回復しましたぁ!」などと話しているわけではありませんが、そうは言ってもご相談にあがりづらかったわけです。
なんとなくね、、、照

NABA(ナバ 摂食障害の自助・ピアサポートグループ)
http://naba1987.web.fc2.com

30代になっての拒食は本当に辛いです。
冬だったし。
10代20代の頃は食べないで踊っていましたから、身体のエネルギーに驚かされます。

今、軽くお困りの方は、
食事を取ろうとするのではなく、

・どうやってカロリーを摂取するかを考える(なんでもいい、ジャンクフードでも、自分の髪の毛とかでなければ)
・どんなときなら、どんな状況でなら食べられるか、食べられたか覚えておく
・体重が何キロ切ったら本当にヤバいか知っておく(検索すると出てきます)

くらいに、レベルを落とすといいと思います。
あと、お湯、ハーブティー、葛根湯ですね。便利でした。

オートミールを炊いて飲んでましたが、それは私を愛してくれるお姉さんが、オートミールの炊き方を教えてくれたから食べられたのだと思います。オートミールだから食べられたのではないと思います。でも、オートミールもおすすめ。チアシード入れてました。

NABA(ナバ 摂食障害の自助・ピアサポートグループ)
http://naba1987.web.fc2.com

下剤使用や食べ吐きがある方は、ぜひ医療機関へ。歯は溶けるし、ミネラルのバランスが失われて、倒れます。

依存症の問題を抱えているのはあなただけではないし、あなたのせいではありません。

なんとか、生きていきましょうね。