人生で一番影響を受けた本を一冊選んでください」などと言われると、身構えてしまいます。ちょっとカッコつけたい気持ちもあって、なかなか答えられません…。

しかし、私は下記の本に、本当に大きな影響を受けたことが、わかりました。




この本を、私は数年前に活字で読み、今日のfebeのセールで再び、今度は音声で聴いた本です。

当時読んで、

とても面白かった!

という印象はあったのですが、そんなにこと細かに記憶していたわけではありませんでした。

しかし、今、聞き返してみると、驚くほど私の思考に影響していました。

本を読んで必死に勉強した、というような記憶はまったくないのですが、「なるほど、本当にそうだなぁ」「ちきりんさんはすごいなぁ」などと、読書して、ぼんやりと感心していたら、いつの間にか身についていて、その後人生で大きな選択をするとき(してきたとき)のことを思い返すと、この本に書いてあるような思考法をしており、本当に驚きました。

どんな本を読むか、が重要なのは、時間を費やすからだけではなく、知らず知らずのうちに、それが身に付いてしまうからだと思いました。

もちろん、この本はとても役に立ちました。

20代の半ばで読んで、30代になってみて、これまでを振り返ってみて、よくわかりました。


よく「読むだけ〜」などというふれこみの本がありますが(この本は違います)、そう言ったキャッチコピーも、まったくの誇大広告とも言えない気がしてきました。

「ゆるく」というテーマとタイトルですが、多くに人にとってかなりシビアな内容だと、私は思います。

今日ならfebeで800円で買えるので、ぜひ聴いてみてはいかがでしょうか。