読書について、今回は「電子書籍と紙の本」に関して。

私はKindleを利用しています。




【メリット】
・本の保管場所がいらない
・持ち運びに便利
・本のSALEで安く買える!
・Amazonのプライムに登録していると、月に1冊無料で借りられる
・気になったらすぐにダウンロードして読み始められるので、読むタイミングを逃さない


【デメリット】
・記憶に定着しづらい
→不思議ですが、実感しています。

・著者にお会いしたときにサインしてもらえない!
→これが意外とネックなのです。

私には「本が繋いでくれたご縁」がたくさんあります。
著者の方にお会いして、サインしていただく。その間に本の感想をお伝えする。書いていただく言葉も著者の方によって様々で、とても大切な宝物になっています。

それから、紙の本であっても図書館で借りるというのも、上記のデメリット2点からあまりおすすめできません。

本は自分で購入して「使わないと」定着しません。なぜかはわかりません。体感としてそうなのです。

ですので図書館では、

・絶版になっていて簡単には手に入らない
・資料として大量に必要
・読破できるか自信がないけど、興味がある分野

などの場合にのみ借りるようにしています。

とは言っても、ほんの少し前まで本がぜんぜん買えませんでした。仕事で必要な本さえ充分には買えませんでした。
「いつか買えるようになりたい!」と思いながら、図書館で借りたことも、本をいただいたことも、貸していただいたことも、古本を買ったこともたくさんあります。(力を貸してくださった方々に改めて感謝。)





こちらの雑誌の特集、本当に面白かった! 私が書店に行く理由がよりはっきりしたし、より意識的に本を活用できるようになったと思います。おすすめです。

というわけで、
・紙の本を、
・購入して、
読書に適した環境を整えて
・付箋やメモを使い、
・線を引きながら、どんどん使う!

これがお気に入りの読書スタイルです。


最近はオーディオブックも利用しはじめました!こちらについてはまた後日…。



=================================================================================
東小雪プロフィールはこちら
お仕事・講演依頼は、株式会社トロワ・クルールまでお願いいたします。

■ユニリーバのシャンプー「CLEAR」のCMにLGBTアクティビストとして出演。
http://m.clearhaircare.jp/campaigns/voice/female.html

■大好評! 現在メンバー180名以上 オンラインサロン「こゆひろサロン」 第4期メンバー募集中!

■LGBTポータルサイト2CHOPOにて「東小雪とひろこのレズビアン的結婚生活」好評連載中!

■最新刊『なかったことにしたくない 実父から性虐待を受けた私の告白』(講談社)

なかったことにしたくない 実父から性虐待を受けた私の告白

■コミックエッセイ『レズビアン的結婚生活』

レズビアン的結婚生活

■『ふたりのママから、きみたちへ』

ふたりのママから、きみたちへ (よりみちパン! セ)

Twitter:@koyuki_higashi 
instagram:@koyuki_higashi
Facebook:koyuki higashi